Photoelly041_TP_V


美容成分の中でもイチオシのビタミンC誘導体ってご存知でしょうか?


最近スキンケア商品に含まれているのをよく目にしますが、どんな成分でどんな効果があるのでしょうか?今日はその効果について紹介していきたいと思います




1.ビタミンC誘導体とは?

ビタミンCを肌に浸透しやすくしたもので、シミ、シワ、ニキビの予防に効果を発揮します。


ビタミンC誘導体には水溶性のもの油溶性のものがあります。


ichigo0I9A7658_TP_V


水溶性ビタミンC誘導体の特徴は、
化粧水に配合すると安定性が高くなり、短期間で皮膚に吸収されることです。


こちらはメラニンの生成を抑えながら新陳代謝をアップし、メラニンの排出を助けるので、シミ予防の効果が期待できます


またビタミンCには皮脂の分泌を抑える効果もあるので、オイリー肌や大人ニキビの人は皮脂を抑制して肌をなめらかに整えてくれる効果が期待できます。


しかし、乾燥肌の人などは皮脂分泌を抑える作用によって肌が乾燥してしまったり、刺激を感じてしまうことがあるので注意が必要です。


リン酸型タイプが肌に浸透しやすく、有効性も高いので、成分表示で「リン酸アスコルビル」、または「アスコルビン酸リン酸Na」と書かれたものがおすすめです。



油溶性ビタミンC誘導体の特徴は、油に溶けやすい性質があるため、クリームやジェルなどに配合されているいます。


肌への刺激が少なく真皮まで浸透するために、細胞を活性化させて新陳代謝を促進する効果があります


つまり肌内部へ浸透することで、シミを予防したり、シワを改善したりする効果が期待できるのです。


効果の持続性が高く保湿力も高いので、乾燥肌や敏感肌の人にも刺激を受けずに使うことができます


こちらは成分表示で「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル」や「パルミチン酸アスコルビル」と書かれたものがおすすめです。


皮脂やニキビが気になる人は化粧水にビタミンC誘導体が入っているものが良さそうですね乾燥肌や敏感肌の人はジェルやクリームの中に配合されているものがお肌に合いそうです

2.ビタミンC誘導体が効果的なシミは?

Photoelly063_TP_V

シミにも様々な種類があるのですが、そのなかでも特にビタミンC誘導体の効果があるシミは肝斑炎症性色素沈着です。


肝斑とは女性ホルモンの乱れが原因で出てくるシミで、妊娠中やピルを服用したとき、更年期の人によく見られます。頬骨の部分に左右対称にできる特徴があります。


また炎症性色素沈着はニキビや虫刺され、傷などによる炎症が原因で茶色く跡が残ってしまうシミです。このタイプは比較的美白成分が効きやすく、ピーリングも併せて行うと即効性があります。


3.ニキビ予防や皮脂対策にはビタミンC誘導体を!

ELF86_papurika20140517_TP_V

ビタミンCには皮脂分泌を減らす作用や、抗酸化力でニキビの炎症を抑える作用があります。


朝晩しっかりと洗顔をして余分な皮脂を落とした後は、ビタミンC誘導体の化粧水をつけ、その上からセラミドなどの保湿美容液をつけます。


ビタミンC誘導体が皮脂の分泌を調整し、できてしまったニキビの炎症を抑えられます。

4.ビタミンCをより肌内部へ浸透させるために


ビタミンCイオン導入を行うと、ただつけるだけに比べて20倍も浸透力が高まります。導入器という美顔器にビタミンCの化粧水をつけて、電気で肌に浸透させます。ピーリングと組み合わせることで、さらに浸透が良くなります。


ビタミンCは美白だけではなく、コラーゲンを増やす作用も持っているので、たるみ毛穴やシワへの効果も期待できます。

5.今回の参考文献





こちらを参考にさせていただいております。
吉木先生はビタミンCかなりおススメしていましたよ~


私は今までビタミンC誘導体について知らなかったので、今後はスキンケアの中に取り入れていきたいと思います良いものがあればレビューしていきます


これから夏に向けて日差しが一層強くなってきます
ビタミンC誘導体を毎日のスキンケアにうまく取り入れて、シミ、シワ、皮脂、ニキビといった肌トラブルを回避して、内側からあふれるような美肌を目指したいですね


関連記事
【ETVOS】ベタつく春夏の混合肌はビタミンC誘導体のスキンケアがおすすめ!