polynesia-3021072_960_720


みなさん、ピーリングってご存知でしょうか?


肌表面の古くなってしまった角質を取り除いて、肌のターンオーバーを正常にし、肌の代謝を高めるためのスキンケアです


いつものスキンケアにプラスすることで、様々な肌悩みの改善を期待できます


敏感肌の人でも肌のコンディションを見ながら取り入れることのできるピーリングについて説明していきます。


1.ピーリング化粧品の種類と成分

Photoelly041_TP_V


ピーリングにも様々なタイプのものがあってどれを選んだらよいのか迷ってしまいますよね。


スクラブが入っていてこするタイプのものやふき取りタイプのものは摩擦による肌への刺激が強く、肌を痛めてしまうことがあります


塗りっぱなしにしたり洗い流すタイプのものが肌への負担が少なく、刺激も抑えながら使用することができます


成分としてはAHAグリコール酸配合のものがおすすめです。


AHAとはアルファヒドロキシ酸のことで、フルーツによく含まれている天然由来成分で、「フルーツ酸」とも呼ばれています。


角質を柔らかくして古い角質をはがれやすくし、肌の新陳代謝を高める働きがあります。


またグリコール酸はAHAの一種で、AHAの中でも最も分子が小さく、肌に素早く吸収されるので他のAHAよりも短時間で効果が現れます

2.ピーリングでシミ、シワ対策

massage-therapy-1612308_960_720

年を重ねると徐々に気になりだしてくるのが、シミやシワです


日々のケアで加齢のサインを遅らせていきたいものです。


まずシミについてですが、紫外線を浴びるとメラノサイトが活性化されて、メラニンを作り出します。


通常はできてしまったメラニンは肌のターンオーバーとともに排出されます。


しかし、加齢により肌の代謝が低下していたり、何らかの原因でメラニンが大量につくられたりして、メラニンがうまく排出されずに残ってしまうとシミになってしまいます


そこでピーリングによる角質ケアでメラニンの排出を促すことでシミ対策ができるのです


またシワは乾燥が原因と思われがちですが、実は肌内部のコラーゲンが加齢とともに酸化や糖化したりして徐々に固くなり、弾力を失うことが原因です


シワを防ぐにはコラーゲンの線維を守り、生み出していくことが大切です。


ピーリングで肌の代謝を上げることで、真皮のコラーゲン生産もアップし、シワを防ぐ効果が期待できるのです


3.毛穴やニキビケアにも有効なピーリング


毛穴部分の角質が厚くなり、毛穴の中に皮脂が詰まってアクネ菌が増殖してしまうことがニキビの原因です


そこでピーリングにをして毛穴の角質ケアをすることで毛穴が詰まりにくくなり、ニキビの予防になります


またニキビ跡が色素沈着してしまい、シミとなって残ってしまった場合にもピーリングは有効です。


美白美容液と合わせて使用することで早く改善することが期待できます


4.ピーリングの際の注意点

pexels-photo-286951

ピーリング後は古い角質をはがして皮膚が薄くなっている状態です。


角質が薄くなり、肌の水分が逃げやすくなっていたり、紫外線が肌の深部へと入りやすくなっています。


いつも以上にしっかり保湿紫外線対策をしましょう


また敏感肌の人は肌に乗せる量や時間を少しずつ増やして、肌への刺激がないかをよく確認しながら使用するのがおすすめです。


5.今回の参考文献





様々な肌トラブルに効果のあるピーリングについて、肌トラブルの原因から詳しく解説されていて、とても読みやすいのに勉強になる本です。


スペシャルケアとしてピーリングを取り入れて、美しい肌へを目指していきたいですね