006ELLY18412_TP_V


洗顔をするときに、毛穴の隅々まで汚れが落ちるようと力強くごしごし洗ってしまっていませんか?


またしっとりタイプの洗顔料を使っているのに、肌荒れが良くならないと悩んでいる方はいませんか?


どちらも私の経験したことなんですが、間違った洗顔方法と洗顔料選びのために引き起こされていたことです。


正しいスキンケア方法を学んで、ともに美肌を目指していきましょう


1.洗顔の目的


洗顔の目的は皮脂や肌に着いた汚れを落とすことです。


朝晩2回、洗顔料を使って洗顔をして、きちんと汚れが落とさなければ雑菌が繁殖したり、皮脂が酸化したりして老化を進めてしまうことにもなります


皮脂の酸化は毛穴の開きやシワの原因にもなりますので、洗顔で肌を健やかに保つことが大切です。


2.洗顔料の選び方

soap-bubbles-4134332_960_720

洗顔料の中に美白成分が入っていたり、うるおいを与えるのもなどがありますよね。


しかし、洗顔料は皮脂の汚れをきちんと落とせるものが一番です


美白成分や保湿成分が入っていてもすすいだ時に泡と一緒に流れてしまいますし、洗い上りがしっとりするものは、すすいだ後に油分が肌上に残っていて、後から使う化粧水などの浸透を妨げることになります。


私も以前、大好きな化粧品ブランドの美容成分入りの石鹸を使っていたことがあります。洗い上りがとてもしっとりしていていい感じだなと思っていたんです。


しかし使い続けているうちに、おでこにポツポツと小さなにニキビができ始めてしまいました。


私の肌はインナードライ肌で、おでこは皮脂の分泌が多いため、きちんと汚れが落ち切れてなく、肌荒れを起こしていたのです


それ以来、洗顔料はきちんと汚れを落とすことを目的にしたものを利用しています。


3.洗顔料の種類

soap-2726387_960_720

洗顔料には固形石鹸やクリームタイプ、泡タイプなど様々な形状がありますが、シンプルに汚れを落とせる固形石鹸がベストです。


クリームタイプでしっとり洗いあがるものには油分が含まれていて、肌に油膜を残すものもあります。オイリー肌やインナードライ肌の人は、油分がニキビなどの肌荒れのもとになりますから、注意が必要です。


泡立ちの良い泡タイプのものには強い界面活性剤が含まれて、肌のうるおいを奪ってしまうことがあります。便利ではありますが、こちらも注意が必要です。


4.正しい洗顔方法

soap-bubbles-3540312_960_720

顔をぬるま湯ですすいだら、レモン1個分泡立てます。Tゾーンから泡をのせ、続いてUゾーンを洗い、最後に目元、口元を優しく洗います。


この時に肌を強くこすることはせず、優しく泡を転がすように洗うのがポイントです。


経験上、「汚れよ落ちろ~~~!」と強くこすり洗いをすると、シワっぽい肌に仕上がります優しくなで洗いが一番です


最後にすすぎ残しがないように、髪の生え際まできちんと洗い流します。


美容雑誌などで仕上げに冷水で肌を引き締める毛穴対策がたまにみかけることがあります。こちらは体温ですぐに毛穴は元に戻ってしまうため、効果は一時的です。


肌の急激な温度変化は赤ら顔の原因になることもあるので、やめたほうがいいようです。



5.今回の参考文献





こちらを参考にさせていただきました。


洗顔一つで肌の調子は変わらないと思っている方もいるかもしれませんが、毎日行うことだからこそ大切です


日々の小さな積み重ねが、後々に必ず大きな効果を生み出すのです


10年後、今より大好きな肌になることを目指して、日々小さなことから積み重ねていきたいものですね。