界面活性剤



ニキビや乾燥、シワなどの肌トラブルを防いで、いつまでも美しい素肌でいたいものですよね。今日はクレンジング料に含まれている界面活性剤について説明していきます。



1.界面活性剤ってなに?

油と水を混ざりやすくする物質で、油性の汚れを水で流す際に橋渡しの役割をします。


界面活性剤によって油分と水分が乳化して混ざり合い、短時間でメイクを落とせるようになりますので、クレンジング料にはなくてはならない成分です。


しかしクレンジング料に界面活性剤が多く含まれているものは、肌のうるおいまで奪ってしまうので注意が必要です


ではどのうようなクレンジング料を選べばよいのでしょう?


2.クレンジング料の選び方

hygiene-870763_960_720


クレンジング料にはオイルタイプクリームタイプミルクタイプなど様々な形状がありますが、これは油分と界面活性剤、水分の配合のバランスの違いです。


この違いによって、洗浄力にも違いが出てきますが、洗浄力が高いということは肌への負担も大きくなるので、選び方には注意が必要です。


商品により多少の違いはありますが、クリーム乳化ジェルタイプのものが比較的肌に優しく負担が少ないものが多く、反対にリキッドタイプやオイルタイプには界面活性剤が多く含まれていて、洗浄力が高く、肌への負担が大きいものが多いようです。


また手軽なシートタイプも売られていますが、メイクを落とす際の摩擦で肌に細かい傷がつきやすく、それが後々にシミとなってしまうこともありますシミ~~~


シートタイプの利用は、旅行の際や本当に時間がない時など、最小限にとどめたほうが良さそうです。


3.クレンジングは手早く!

MS251_kosumeviewr_TP_V

クレンジングをする際に肌のマッサージをしながら、じっくりとメイクを落としている人もいるかもしれません。


しかしクレンジング料は界面活性剤を含んでいるので、長く肌に触れていると肌のうるおいまで溶かし出してしまいます


メイクがしっかり落ちるようにとじっくりクレンジングをするのは今すぐやめましょう


クレンジングをするときには、まずクリーム状ならさくらんぼ2個程度、液状なら500円玉程度の少し多めの量を手のひらにとります。


Tゾーン、続いてUゾーンに広げ、最後に目元、口元にもなじませたら素早くすすいでいきましょう!トータルで1分程度で終わらせるのが目安になります。


4.敏感肌にはクレンジングいらずのミネラルコスメがおすすめ!

IMG_8095

ここまで界面活性剤との上手な付き合い方を説明してきましたが、そもそもクレンジングいらずのミネラルコスメを使用すればクレンジングに神経を使う必要はありません。


ミネラルコスメは洗顔料だけで落とすことができるので、肌にとても優しいのです!


最近肌が乾燥する、大人ニキビを繰り返す、など肌の状態が敏感に傾いてしまっている人は石鹸で洗うだけで簡単に落とすことのできるミネラルファンデーションなどを取り入れることを検討してもよいかもしれません


5.今回の参考文献





こちらの本を参考に書かせていただきました。


メイクはクレンジングでしっかりオフしなければ!と思っていましたが、そのクレンジングが逆に肌を痛めてしまっていたんですね!


クレンジング以外にもスキンケアの方法を絵や写真を使って、丁寧に教えてくれる本で、とても勉強になります。


メイクをやさしくオフしてくれるクレンジング料を見つけて、いつまでも美しい素肌を保ち続けたいものですね